概要

世界人口の増加により、魚介類の需要は急増している。天然魚の資源を枯渇させることなくこの需要を満たすため、養殖がブームとなっている。 この方法にはいくつかの利点がある。第一に、養殖場は代替資源を提供することで、天然魚の個体数を維持するのに役立つ。次に、養殖は魚介類の消費量の増加に対応することができる。最後に、管理された環境で飼育された魚は、野生の魚よりも成長が早い傾向にある。しかし、養殖の長期的な成功には、持続可能な慣行が不可欠である。この記事では、養殖業者が魚の成長を最適化し、環境への影響を最小限に抑え、採算を確保するために必要な情報を提供するデータ分析アプリ、AQUA Sightlineについて触れている。

なぜ養殖は躍進するのか?

魚はタンパク質と必須栄養素を豊富に含む、健康的な食生活の重要な一部である。しかし、世界人口が90億人に向けて増加し続ける中、魚資源の需要、養殖、つまり魚の養殖がブームとなっている。この急成長の背景にある理由を探り、2024年における重要性を探ってみよう:

 

高まる食欲への対応

国連は、2050年までに世界人口が97億人に達すると予測している。その規模の人口を、環境に負荷をかけずに十分に養うには、果物、野菜、穀物、そして信頼できるタンパク源を栽培・生産する新しい方法が必要になる。養殖業が過去20年間成長を続け、その勢いが衰える気配がないのはこのためだ。現代の水産養殖は、拡大する人口の栄養需要を満たすのに十分なタンパク質源を確保するための実行可能な道を世界に提供している。 

現代の水産養殖が非常に重要である3つの主な理由がここにある:

  • 野生株への圧力軽減:世界中で消費される魚介類の大部分を養殖が賄うことで、天然魚の個体群への負担を軽減し、乱獲からの回復を可能にしている。
  • 需要が供給を上回る:魚介類に対する世界の愛情は否定できず、その需要は年々高まっている。世界的な魚の消費量は過去最高を記録し、天然漁業はそれに追いつくのに苦労している。現代の養殖業は、このギャップを埋めるために歩み寄り、信頼できる魚の供給源を提供している。
  • より速い成長:近代的な養殖は、制御された環境を可能にする。魚は最適化された栄養を受け取り、最小限のストレスしか経験しないため、野生の魚に比べて成長速度が速い。その結果、生産にかかる時間が短縮され、生産量も増加する。

持続可能な水産養殖には強力なデータが必要である:

水産養殖は有望な解決策を提供する一方で、気候変動や養殖場からの汚染といった環境問題への対処、倫理的な慣行の確保は依然として最重要課題である。業界が長期的に繁栄するためには、持続可能な慣行と継続的な改善が不可欠です。そこで、データとアナリティクスの力が発揮される。

かつての小規模農場では、「直感を信じて」過去にうまくいったことをするのは簡単だった。これは、飼料レベルを手書きでメモし、水質測定値を手作業でスプレッドシートに記録し、死亡率を知るために収穫時期まで待つことを意味していた。今、魚を安全、効率的、効果的に育てるために、現代の養殖事業は、収益性と持続可能性を向上させるために、データ収集と分析の進歩を取り入れることを選択している。 

AQUA Sightlineアプリは現代の養殖の最前線にあります。AQUA Sightlineは、収穫予定日や飼料の推奨から水質分析まで、必要なデータを指先で確認できるため、迅速に対応し、常に収益につながる最善の決断を下すことができます。AQUA Sightlineの真の強みは、親会社であるSightline Systemsの30年にわたるデータ、分析、セキュリティの経験に基づいて構築されていることです。

アクア・サイトラインの力:

  • 情報に基づいた決断 酸素レベル、水温、塩分濃度などの水質パラメーターに関する綿密なデータ収集は極めて重要である。AQUA Sightlineはこの重要なデータをリアルタイムで収集するため、養殖業者は作業を微調整し、魚にとって最適な生育条件を確保することができる。
  • 死亡率の低下: 死亡率を監視することは、魚の個体群における病気や栄養不良の兆候を早期に発見するのに役立つ。早期発見により、迅速な介入が可能となり、潜在的な損失を最小限に抑え、収量を最大化することができる。
  • 飼料管理の最適化: 魚の成長速度と飼料摂取量のデータにより、養殖業者は給餌計画を調整することができ、魚が適切に成長するための適切な栄養素を摂取できるようにしながら、無駄や過剰支出を減らすことができる。

AQUA Sightlineは、さまざまなハードウェアやソフトウェアのセンサーと連動し、リアルタイムのデータ収集、視覚化、水質パラメーターに関するリアルタイム・データ・レポートの自動作成、現在の環境状態の評価、パフォーマンス予測を行う。

最後になるが、AQUA Sightlineを使用することで、施設間のリアルタイム・インテリジェンス、過去のデータを使用した過去のコンテキストの作成、ビジネスデータ、機械学習による生産における将来起こりうる障害の特定、非効率性や隠れた問題の特定、パフォーマンス向上の機会の強調といった情報管理が可能になる。

アクア・サイトライン は、常時インターネットに接続されていなくても動作し、使いやすい強力なモバイルアプリで、AndroidとiOSデバイス用のストアですでに入手可能です。

 

jaJA