Causes of material shortages: internal production issues, supply chain problems. Solution: advanced data analytics.
Causes of material shortages: internal production issues, supply chain problems. Solution: advanced data analytics.

連邦政府は5月11日にCOVID-19の緊急事態宣言を解除したが、世界的なパンデミックの影響は個人と組織を問わず、依然として続いている。

Optimize processes with Sightline Systems

サプライチェーンの問題は、さまざまな分野の無数の企業にとって依然として大きな課題となっている。概要 フォーチュン100の94% は現在、パンデミックに関連したサプライチェーンの混乱に見舞われており、3 分の 2 の企業が事業に悪影響を及ぼしている。多くの企業は、コストの上昇、終わりのない滞留、製品ライフサイクルの短縮、高額なコンプライアンス違反の罰則、大規模な資材不足に直面している。

食肉から顕微鏡に至るまで、パンデミックはあらゆる商品の世界的な在庫に影響を及ぼしている。製造業はそのあおりを受け、最終顧客には値上げをせざるを得なくなり、不満や不満を生み出している。

しかし、サプライチェーンの問題に加えて、社内の数多くの問題が材料不足の問題をさらに悪化させている。
メーカーは高度な技術を活用しなければならない。 予測分析 材料不足の根本的な原因を特定し、材料がどこで失われ、浪費されているかを明らかにし、改善の機会を特定する。

材料不足の根本原因を特定する

サプライチェーンの危機のほかにも、製造業における資材不足の原因には多くの内部犯行がある。これらには以下が含まれる:

  • 生産予測の甘さ
  • 需要の乱高下
  • 不十分な在庫管理
  • 標準以下の資材管理
  • 余剰材料廃棄物

残念ながら、メーカーの従業員は多忙であり、その多くはこうした社内の問題を特定するためのツールや時間、リソースが不足している。彼らは、短期的に一時的に問題を解決するために近道をするかもしれない。しかし、応急処置に奔走しても、製造業が持続可能な解決策を模索する時間はほとんど残されていない。

データ分析ソフトウェアを使用することで、製造工場は不足に関連する課題を長期にわたって是正し、時間とコストを節約することができる。 IIoTシステムの予測分析 によって、メーカーは材料不足の根本原因を特定することができる:

  • 在庫管理の慣行を分析し、改善すべき点を特定する。
  • 徹底的な監査の実施 無駄を省く
  • 材料不足の原因となっているサプライチェーンのボトルネックを特定する。

製造アナリティクスにより、工場は効率を最大化し、潜在的な懸念を軽減し、無駄を削減する戦略を容易に実行することもできる。

廃棄物削減のための効果的な戦略の実施

欠品の原因となる社内問題のトップは、材料の紛失や無駄遣いである。しかし、無駄を省くための手作業によるアプローチは時間がかかり、人為的なミスが起こりやすい。

この障害に効果的に立ち向かうために、メーカーは高度なデータ分析を活用して、以下のような、より効率的な戦略を実施すべきである:

  • リーン生産プロセスの開発:データ分析は産業オートメーションを促進し、余剰人員の必要性を減らす。膨大な労働力を監督することなく、メーカーはより効率的に操業し、消費者の需要に応えることに集中し、全体的な供給以外の分野での無駄を減らすことができる。
  • 品質管理対策の改善:品質管理手順の改善により、製品の欠陥や廃材が減少し、廃棄物の削減につながる。

リサイクル・プログラムの実施:今日、製造業はより持続可能でなければならないというプレッシャーが高まっている。製造業は、リサイクルプログラムを実施し、可能な限り材料を再利用することで、この状況に対応することができます。データ分析は、有害物質への依存を減らし、エネルギーを節約し、健康被害を最小限に抑えることで、持続可能性への取り組みをさらに支援することができます。

継続的改善のためのデータ分析の活用法

データ分析を採用するメーカーと 機械学習 また、改善の機会を特定し、資材不足への耐性を強化することもできる。

メーカーには、次のような方法がある:

  • 在庫レベル、生産率、その他の主要業績指標に関するデータを収集し、何がうまくいっていて、何がうまくいっていないかを特定する。
  • 予測分析を活用して、潜在的な材料不足を事前に予測し、将来の生産問題を防止する。
  • データ分析から得られた洞察に基づき、製造プロセスを継続的に改善する。
  • 常に戦略とプロセスを磨き、メーカーが将来に備えることを可能にする

サプライヤーとの協力

サプライヤーとの関係を維持することは、メーカーが材料不足を克服するもう一つの方法です。工場はデータ分析を使って、サプライヤーのリアルタイムの指標とKPIを効果的に監視し、サプライチェーンのパフォーマンスの全体像を把握することができる。

このデータを武器に、メーカーは次のことができる:

  • サプライヤーとのコミュニケーションを改善し、資材のタイムリーな納入を確保する。
  • サプライヤーが工場の現在の在庫レベルにアクセスできるようにする。
  • 需要予測を改善し、供給不足を防ぐための予測モデルの共同開発
  • 過剰在庫や無駄の原因となる早期納品を管理・追跡する。

データ分析による材料不足の克服

材料不足を克服するためには、メーカーが問題の原因となっている内部要因と外部要因の両方を理解することが不可欠です。工場は高度なアナリティクスを活用することで、無駄を削減し、サプライチェーンの変動に対処し、サプライヤーとの関係を強化し、改善すべき領域を特定し、材料不足を恒久的に解決することができます。

効率的な生産プロセスを維持し、正しい方向に進むためには、事前対策が不可欠である。予測分析や自動化を含むデータ中心のソリューションは、不確実性に直面した場合の回復力を構築し、維持するために不可欠な要素である。

Implement predictive analytics with Sightline Solutions

jaJA