AQUA Phone with Fish
AQUA Sightline EDM

データを保護することの重要性を認識する企業が増えている。業務データであれ財務データであれ、ハッカーに盗まれたり競合他社に悪用されたりするリスクは無視できない。現代のほとんどの企業は、「クラウド」ベースのツール、アプリ、ソフトウェアで作業する必要がある。重要なデータや知的財産が安全であることを確認するには、どうすればよいのだろうか。

AQUA Sightlineは、データインテリジェンスツールとサイバーセキュリティリスクマネジメントを最初から組み込んだ業界リーダーです。AQUA Sightlineアプリは使いやすく、養殖場のニーズに合わせて特別に設計されており、パワフルで安全です。

AQUA Phone with Fish

重要なデータを保護するために、AQUA Sightlineはどのようなことを行っていますか?

AQUA Sightlineは、銀行、製造、産業、公共事業などの分野におけるデータセキュリティの国際的リーダーであるSightline Systems Corporationによって開発されました。AQUA Sightlineは、ソフトウエア全体にわたって、完全に統合されたセキュリティを何層にも重ねて構築されています。

  • 転送中のすべてのデータコンポーネントを暗号化することで、安全なリアルタイムのデータ収集と監視を実現
  • エンドポイントクローキングにより、システム内のデータを安全に保護 潜在的な脅威をダイナミックに隔離
  • 暗号化ゾーンによる情報セキュリティ:ゾーン内のデータは暗号化される。
  • 各ユーザーのアクセスを管理し、各ユーザーを機能のみに限定する機能

私のデータは保護されましたが、AQUA Sightlineではどのようなことができますか?

AQUA Sightlineは、お客様の養殖事業全体におけるデータの真実の一元的な情報源です。当社のソフトウェアに含まれる基本的なデータ分析ツールの一つは、データのモニタリングと潜在的な異常に対するカスタマイズされたアラートです。過去のベースラインとカスタマイズされたアラートアルゴリズムにより、AQUA Sightlineは24時間365日、潜在的な問題に警告を発します。当社の安全な機械学習は、溶存酸素レベルの低下、温度変動、藻の発生状況、ネットペンの脱走など、潜在的に重大でコストのかかる問題を特定します。

AQUA Sightlineはまた、さまざまなハードウェアセンサーと連動し、ライブデータ収集、可視化、水パラメータのリアルタイムデータの自動レポート作成、現在の環境条件の評価、国際的なコンプライアンスを確保し、環境への影響を監視するための予測収穫量を生成します。水質とネットペンの状態について、5分から1時間までの間隔で、適切かつリアルタイムのレポートが得られます。

さらに、AQUA Sightlineは、歩留まりと収益を向上させるために、過去のコンテクストと組み合わせた施設横断的な洞察を提供します。過去のデータを活用した過去のコンテクストと機械学習により、生産における将来的なボトルネックの可能性を特定し、潜んでいる問題や非効率を特定し、歩留まり向上の機会を浮き彫りにします。

AQUA Sightlineは安全な養殖ソリューションです。

世界中の養魚場は、安全なデータ中心のパートナーであるAQUA Sightlineを通じて、効率を改善し、良好な水質を維持し、潜在的な問題を軽減し、魚の健康、成長、繁殖を最大化することができます。当社のアプリを使用することで、養殖場はすべての施設のデータを監視し、収量と稼働時間を最大化し、水質パラメーターを24時間365日監視し、潜在的な異常に対してカスタマイズされたアラートを受け取り、ROIを促進することができます。

Contact Us Today

jaJA