概要

水産養殖は、技術革新によって改善される計り知れない可能性を秘めており、コロンビアのような国々は、この進歩に積極的に貢献している。新しい技術を取り入れ、既存の課題に取り組むことで、この産業はより持続可能で生産的なものとなり、より健全な地球と食料安全保障の向上に貢献することができる。

養殖業では、向上心こそが重要なのだ。

イノベーションとは、必要性と何かを変えたいという気持ち、現状を知って変化を適用すること、そして問題の原因、改善したいこと、手段を理解することの関係から生まれるものだ。養殖業においては、"解決策となりうる問題の海がある"。

優れたアイデア以上に、イノベーションとは、付加価値の構築に役立ち、同時に問題を解決するような方法で、製品を創造または改良し、市場に導入することであり、常に改善を目指すものである。その出発点はニーズの発見と理解であり、それを実現するための行動によって集約される。  

世界銀行は水産養殖において、「イノベーションは海洋および内陸の種の養殖と採取を改善するだけでなく、漁業と水産養殖のコミュニティの生活の質を向上させる鍵である」と明言している。 生産性を向上させるイノベーションの可能性は、数百万人の食糧安全保障が危機に瀕している状況において、特に重要である。 

この分野の企業が、それぞれの特定のニーズに応じて、魚の生産コスト、品質、比率の間に付加価値を生み出し、より良い結果を生み出すために利用できるイノベーションの選択肢は数え切れないほどある。misPecesのウェブサイトは、これらのオプションは技術によって活用することができると述べている。 テクノロジーとイノベーションは盟友ではあるが、同義ではない。

FAO(国連食糧農業機関)は、「水産養殖の拡大と効果的な漁業管理は、漁業と水産養殖のバリューチェーンにおけるイノベーションにかかっている」と強調している。では、イノベーションとは何か?イノベーションとは、必要性と何かを変えたいという気持ちの関係であり、何が起きているかを知り、変化を適用すること、何が問題を引き起こしているのか、何を改善したいのか、その手段を理解することである。重要なのは、継続的な改善に賭けることである。  

FAOは、世界における水産養殖の技術革新には以下のようなものが含まれることを明らかにした:「経済と食糧生産を多様化させる技術、環境への影響を緩和しながら孵化場や養殖場での生産効率を向上させる技術、動物の病気や寄生虫の発生を減少させる技術、動物の治療における抗生物質の使用を削減または排除する技術、海上または陸上での再循環技術の進歩、新しい飼料原料、エネルギー効率の改善やエネルギー再生によるカーボンフットプリントの削減、養殖場や加工工場での生活・労働条件の改善を目的とした社会的プログラムなどである。また、生産段階やポストハーベスト段階での廃棄物やロスを減らすことによっても、大幅な効率向上を達成することができる。"

Sightline Systems社の養殖スペシャリスト、シニアコンサルタントのLaura Toro氏は、これらの新たな現代技術のいくつかを指摘する:AI、ビッグデータ、IoT、センサー、人工的なマシンビジョン、ロボットなどである。これらは中心的な役割を担っているが、養殖業者が目標を達成し、問題を解決するためのツールの一部に過ぎない。

現在、世界では養殖技術企業の約73%が少なくとも1種類のセンサーを導入しており、そのうち半数がカメラを使用している。アルゴリズムも指数関数的に進歩しています」。そしてAIに関しては、"約3分の1がバイオマスの推定や成長予測(41%)、給餌の最適化(34%)、健康状態の監視や病気の発生予測(26%)などに使用されている。 これらのデータの多くは水中カメラで収集され、画像認識アルゴリズムを使って分析される。"

世界の大企業は何をしているのか?

チリ南部で生まれたサーモン生産会社で、この分野では世界最大級のアクアチレ社のような企業は、「近代的な養殖のさまざまな工程や段階をより効率的なものにするために、革新と絶え間ない改善が必要である」と考えている。この組織では、遺伝学から淡水養殖、養殖センター、飼料生産、工業加工、販売に至るまで、全過程において革新的な改善を続けている。 

FAOはまた、世界中のこの分野で起こっているさまざまな革新についても記録している。例えば、引用された事例の中で、ワクチン接種が大きな経済的利益をもたらすことが詳述されている。これは「英国とノルウェーでは、水産養殖業における抗生物質の使用を削減する不可欠な方法として認識されている。例えば、ブラジルのティラピア養殖場におけるStreptococcus agalactiaeワクチンの経済分析によると、ワクチンを接種した魚の生存率は60-80%以上増加し、飼料転換率は+5-10%となり、大幅な節約となり、売上と利益も大幅に増加した。" 

これがコロンビアの優れた点だ 

一般的に、水産養殖に伝統のあるいくつかの国は、水産養殖の持続可能な発展のために、さまざまなアクターが集結した独自の国家開発戦略を策定している。世界最大の養殖生産国である中国や、アフリカ諸国などがその好例である。FAOは、「これらの国々は、持続可能な開発の目標を達成するために、技術開発と研究開発の優れた能力に基づいて、水産養殖における技術革新を行ってきました」と述べている。

コロンビアは技術革新にも賭けている。水産養殖の専門家であり、コロンビア水産養殖連盟(FEDEACUA)の元理事であるセザール・ピンソンは、遺伝学、栄養学、生産、新種といった分野によって、評価に値する例をいくつか指摘した。 

遺伝学では、「在来種の丈夫さを研究し、遺伝子組換え種のバイオマスを増やすことに取り組んでいます」。彼らはまた、「コロンビアだけでなく、ラテンアメリカのすべての国々における耐病性」にも取り組んでおり、専門家は、「私たちはもう少し緊密に協力し合うことで、より早く答えを得ることができ、重複した作業を避けることができる」と考えている。

同様に、栄養学においても、動物が摂取したタンパク質の利用率を向上させることが鍵となる。この点については、まだ「長い道のり」ではあるが、すべての製品の消化率を向上させる努力がなされている。コロンビアの濃縮魚用飼料の約85%から90%は輸入品であるため、地元の原料タンパク質を使用することが課題である。 

一方、生産面では、より少ないスペースと労力でより多くの生産が可能な技術の利用が進んでいる。「コロンビアには大きな可能性があり、IPRSと呼ばれる高密度システムによって経済的・技術的成果を上げている。この点で、私たちはラテンアメリカの他の国々よりも先を行っているのです」。 

コロンビアでは栽培可能な種は4つしかないが、チリでは13種、ブラジルではもっと多い。 「解決策となりうる問題は山積しており、やるべきことはたくさんある」と彼は締めくくった。

アクア・サイトライン は、常時インターネットに接続されていなくても動作し、使いやすい強力なモバイルアプリで、AndroidとiOSデバイス用のストアですでに入手可能です。

ジャーナリスト、カテリン・ジュリエス・マンチョーラ・パジョイ著。コロンビア  写真コロンビア、ウイラ州政府

 

 

 

 

 

 

 

jaJA