より速い反応、より高い利益
リアルタイム分析アラートで収穫を向上させるには?

日進月歩の養殖の世界では、養殖業者は指標を追跡し、魚の成長に最適な状態を保つことの重要性を認識しなければなりません。変化に対する反応の遅さが、豊作と不作の分かれ目になるかもしれません。これらの変化は、水温から溶存酸素、硝酸塩や亜硝酸塩まで多岐にわたります。魚が最適に成長し、利益を最大化するためには、これらの指標をリアルタイムで追跡し、チェックできることが不可欠です。

(スペイン語ビデオ)

魚の成長に最適な条件を確保するためのアナリティクスとアラートの力を説明するために、今年、同じ年を過ごした2人の養殖業者を見てみよう。違いは、2つの事件に対する反応時間である。両者とも水質、死亡率、給餌スケジュールを追跡していたが、その方法は異なっていた。


最初の養殖業者は、紙とペンをバインダーに挟んで、昔ながらの方法で水質指標を追跡した。3月、彼の水槽の溶存酸素が最適ゾーンから外れた。彼はそれを記録し、それ以上何もしなかった。その後数週間、酸素の状況は悪化し、彼は溶存酸素が最適でないために死亡率が上昇していることに気づいた。そして3週間後、彼はエアレーターを入れ、溶存酸素を最適範囲に戻した。

これは同じ年の7月下旬にも起こった。この時、養殖業者は死亡率の上昇を確認し始めると、溶存酸素のログをチェックするのを忘れないようにした。エアレーターは2週間ほどで稼動し、3月よりはマシになったが、理想的な状態ではなかった。


この結果を、AQUA Sightlineを使用した双子の養魚場と比較してみよう。溶存酸素が最適な範囲から低下すると、養殖業者は即座にアラートを受け取り、数時間以内にエアレーターをオンにした。結果は?2、3日で最適範囲内に戻ったのです。それは9月にも起こった。死亡率の急上昇は相変わらず起こったが、彼らは迅速に変更を加え、可能な限り早く最適な範囲に戻すことができた。リアルタイムの警告はリアルタイムの行動につながる。

年末の時点で、記録用のバインダーを使用している養殖業者の死亡率は、AQUA Sightlineを使用している養殖業者よりも12%高かった。つまり、AQUA Sightlineを使用している養殖業者は、バインダーを使用している養殖業者よりも、より多くの魚を市場に出荷し、収穫期にはより高い利益率を得ているということです。

時は金なり」という格言があるように、今日の養殖環境においてこれほど真実なことはありません。AQUA Sightlineは水産養殖施設に最適なソリューションです。水温、溶存酸素濃度、pHバランス、飼料転換率など、魚の成長に最適な条件を確保するために重要な役割を果たす指標を追跡します。また、様々な水質指標にアラートしきい値を設定することで、最適な条件から外れた場合にアラートを受信し、収穫の成功を確実にするための変更を行うことができます。

 

Contact Sightline Systems
jaJA