ブログ

 

 

How does AQUA Sightline help you minimize the impacts of El Niño?

AQUA Sightlineは、エルニーニョの影響を最小限に抑えるためにどのように役立ちますか?

AQUA Sightlineは、コロンビアの養殖業者にとって参考になるであろう、最近のコロンビアの養殖雑誌の記事で紹介された。これらの養殖業者は、干ばつをもたらすと予想されるエルニーニョの季節が差し迫っているため、困難に直面している。この記事では、エルニーニョの影響とAQUA Sightlineがどのように役立つのかについての詳細が紹介されている。 続きを読む AQUA Sightlineは、エルニーニョの影響を最小限に抑えるためにどのように役立ちますか?

続きを読む
Tony Vaught’s 46-Year Journey in Aquaculture

トニー・ヴォートの46年にわたる水産養殖の旅

トニー・ヴォートは養殖業に携わって46年になる。夏場の従業員からスタートし、マネージャー、コンサルタント、そして業界のリーダーとなった。彼はチョウザメ養殖のパイオニアであり、その知識を共有するためにコンサルティング会社を設立した。 ヴォートは水産養殖の未来に情熱を注いでおり、その成功の鍵はテクノロジーにあると信じている。彼は最近、データ主導型の養殖アプリAQUA Sightlineのチームに加わった。 続きを読む トニー・ヴォートの46年にわたる水産養殖の旅

続きを読む
This is how you can take advantage of your IPRS system with AQUA Sightline

AQUA Sightlineを使用したIPRSシステムの利点は次のとおりです。

IPRSは魚の生産を高める池のシステムである。しかし、魚の密度が高いため、綿密なモニタリングが重要である。モバイルアプリのAQUA Sightlineは、生産量を最適化し、魚の健康を確保するためのリアルタイムデータとアラートを提供する。 続きを読む AQUA Sightlineを使用したIPRSシステムの利点は次のとおりです。

続きを読む
Why Fish Farming is Making a Splash: The Continued Rise of Aquaculture

なぜ養殖は躍進するのか?

世界人口の増加により、魚介類の需要は急増している。天然魚の資源を枯渇させることなくこの需要を満たすため、養殖がブームとなっている。 この方法にはいくつかの利点がある。第一に、養殖場は代替資源を提供することで、天然魚の個体数を維持するのに役立つ。次に、養殖は魚介類の消費量の増加に対応することができる。最後に、管理された環境で飼育された魚は、野生の魚よりも成長が早い傾向にある。しかし、養殖の長期的な成功には、持続可能な慣行が不可欠である。この記事では、養殖業者が魚の成長を最適化し、環境への影響を最小限に抑え、採算を確保するために必要な情報を提供するデータ分析アプリ、AQUA Sightlineについて触れている。 続きを読む なぜ養殖は躍進するのか?

続きを読む
In Aquaculture, Wanting to Improve is the Key

水産養殖では向上心が鍵

水産養殖は、技術革新によって改善される計り知れない可能性を秘めており、コロンビアのような国々は、この進歩に積極的に貢献している。新しい技術を取り入れ、既存の課題に取り組むことで、この産業はより持続可能で生産的なものとなり、より健全な地球と食料安全保障の向上に貢献することができる。 続きを読む 水産養殖では向上心が鍵

続きを読む
AQUA Sightline vs. Spreadsheets

AQUAサイトラインとスプレッドシートの比較

水温を収集するためであれ、毎日使用した飼料の量を記録するためであれ、スプレッドシートに記入する方法は誰もが知っている。スプレッドシートは、世界中の企業が毎日使う標準的なツールだ。残念ながら、スプレッドシートは受動的であり、...

続きを読む
jaJA