predictive analytics japanese telecom

ケーススタディ日本の通信会社、EDM™により電力コストと運用ワークロードを30%削減

米国ではビデオゲームで有名なTOKAIコミュニケーションズは、日本ではDSLサービスやネットワークソリューションを提供する通信会社である。同社の主力ソリューションである "Smart Facility Manager "は、サーバールーム管理における節電や作業効率化をクラウド上で実現する。TOKAIは、IoT技術で環境データを収集し、Sightline EDM™で可視化することで、インテリジェント空調制御の導入に成功し、30%の電力削減と業務負荷軽減を実現した。

フォームに記入してケーススタディを読む!


predictive analytics japanese telecom
jaJA